【Anker PowerExpand 4-in-1 USB-C SSDハブ レビュー】SSDを搭載した優秀なUSB-Cハブ【88Wパススルー充電可】

リア

Anker PowerExpand 4-in-1 USB-C SSDハブってどんな感じ?SSDが搭載されているUSB-Cハブって何がいいの?

レメディオ

こんな悩みを解決する記事を書きました。

この記事を書いている人
  • ilogyを運営中
  • iPadやガジェット系を中心にブログ運営
  • 現役大学院2年生
  • ホームページ制作もやっています
  • iPad歴4年目
レメディオ
レメディオです!
この記事を書いている人
  • ilogyを運営中
  • iPadやガジェット系を中心にブログ運営
  • 現役大学院2年生
  • ホームページ制作もやっています
  • iPad歴4年目

MacやiPadに大量の写真や動画があって、SSDに保存したいし、さらにモニターに画面の出力もしたいな〜と思っている人にピッタリのアイテムがこちら!

リア

普通のUSB-Cハブに見えるんだけど、、

レメディオ

もちろん、USB-Cハブとしての機能もありますけど、SSDとしての機能も兼ね備えているんです!

さらには、HDMIで4K画質で画面出力することも可能。

コンパクトながらも、最大で約40,000枚もの写真データを保存できる256 GBの大容量のストレージが搭載されていて、最大400 MB/sでファイルを高速転送できます。

今回は、USB-Cハブ+SSDの二刀流の多機能っぷりを発揮してくれる「Anker PowerExpand 4-in-1 USB-C SSDハブ」をレビューしていきます。

メリット
デメリット
  • USBハブの機能+SSDストレージとしての機能の二刀流
  • 最大400 MB/sと高速転送
  • USB-C PD対応で最大出力88 Wでパススルー充電可能
  • ケーブル収納型なので、使っていない時に邪魔にならない
  • SDカードスロットやLANポートが付いていない
  • 画面出力をしたときにリフレッシュレートが30 Hzまでしか出ない

この記事は、メーカー様から商品をご提供いただき作成しています。

目次

Anker PowerExpand 4-in-1 USB-C SSDハブの外観と仕様

Anker PowerExpand 4-in-1 USB-C SSDハブの外観と仕様について説明していきますね。

Anker PowerExpand 4-in-1 USB-C SSDハブの外観

この箱の中を開けると、以下の3点が入っていました。

同梱物

  • Anker PowerExpand 4-in-1 USB-C SSDハブ(256GB)
  • トラベルポーチ
  • 取扱説明書
同梱物
Anker PowerExpand 4-in-1 USB-C SSDハブ(256GB)in トラベルポーチ

色はグレーで、触り心地はサラッとした感じでMacなどと合わせると非常に合いそうな見た目です。

レメディオ

本体とケーブルが一体型なので、ケーブルを別途用意しなくても問題ありませんね。

ケーブルはナイロン素材になっています。

本体とケーブルが一体型

ケーブルが取り出しやすいように、持ち手の部分がぴょこっと出ているのもありがたいですね。

もちろん、端子はUSB-C端子です。

側面には、4つのポートが付いています。

  • USB-Cポート(PD対応88W出力)
  • USB-Aポート×2(最大5Gbps)
  • HDMIポート(4K 30Hz)

重さは、実測値で116 gでした。みなさんお持ちのスマホなんかよりも全然軽いと思います。

レメディオ

僕はいまだにiPhone 8を使っていますけど、それよりも30 gほど軽いです。

Anker PowerExpand 4-in-1 USB-C SSDハブ(左)をAnker PowerExpand+ 7-in-1 USB-Cハブ(右)と大きさを比較してみるとこんな感じです。

レメディオ

若干、Anker PowerExpand 4-in-1 USB-C SSDハブの方が縦長ですし、少し丸みを帯びていますし、少しだけケーブルも短いです。

ある程度の外観の説明も済んだので、仕様をまとめておきますね。

Anker PowerExpand 4-in-1 USB-C SSDハブ レビュー

実際にAnker PowerExpand 4-in-1 USB-C SSDハブを使ってみて感じた良かった点・気になる点をお話ししていきますね。

良かった点
  • 1台で2役(USB-Cハブ+SSD)の働きをする
  • 画面出力が4Kに対応している
  • ケーブルと本体が一体型になっているので、使っていない時に邪魔にならない
気になる点
  • リフレッシュレートが30Hzしか出ない
  • 端子が必要最低限しかない

Anker PowerExpand 4-in-1 USB-C SSDハブを使ってみて良かった点

Anker PowerExpand 4-in-1 USB-C SSDハブを使ってみて良かった点は以下の通りです。

良かった点
  • 1台で2役(USB-Cハブ+SSD)の働きをする
  • 画面出力が4Kに対応している
  • ケーブルと本体が一体型になっているので、使っていない時に邪魔にならない

1台で2役(USB-Cハブ+SSD)の働きをする

これが最大のメリットとも言えますが、この1台だけで、画面出力、急速充電などのUSB-Cハブとしての役割SSDストレージとしての役割の2役の働きをしてくれるところです。

実際に819.9 MBのファイルをSSDに移してみた

5回の平均が3秒59だったので、大体230 MB/sくらいの速度が出ていると思います。

最大400 MB/s出るとされていますが、環境によって個人差は出ますね。

かなり速くデータを移せますね!

高出力でパススルー充電ができる

高出力でパススルー充電ができるのも魅力の一つです。

リア

パススルー充電ってなに?

レメディオ

接続する機器から直接電力を供給してくれることです。つまり、USB-CハブのUSB-Cポートに接続すれば、パソコンにも充電をしてくれるということです。

画面出力が4Kに対応している

画面の出力が4Kにも対応しているので、高画質で動画編集したり、Photoshopなどのデザインソフトを使って作業するのに良いです。

気になる点のところでも挙げますが、リフレッシュレートが30 Hzしか出ないのが惜しいポイント。

ケーブルと本体が一体型になっているので、コンパクト

ケーブルと本体が一体型なのが、僕にとってはかなり良かったところでした。

先程お見せしたAnker PowerExpand+ 7-in-1 USB-Cハブだと、ケーブルが収納できるタイプではないので、使っていない時に結構場所をとって邪魔だったんですよね。

レメディオ

それが、下の画像のようにシャキーンと取り出して、スッと使えるから、かなりありがたい。

取り出しやすい構造になっているのも親切設計ですね。

Anker PowerExpand 4-in-1 USB-C SSDハブを使ってみて気になる点

Anker PowerExpand 4-in-1 USB-C SSDハブを使ってみて気になる点は以下の通りです。

気になる点
  • リフレッシュレートが30Hzしか出ない
  • 端子が必要最低限しかない

リフレッシュレートが30Hzしか出ない

リフレッシュレートが30 Hzしか出ないのは少し残念なポイントでした。

レメディオ

以下の画像を見てもらうと、30 Hzとなっていることがわかると思います。

リア

そもそもリフレッシュレートってなに?

レメディオ

1秒間にディスプレイ画面が何回書きかわったかを示す指標のことで、30 Hzなら1秒間に30回書きかわったと言うことです。

高ければ高いほど、画面がぬるぬる滑らかに描写されるということです。

30 Hzの状態で作業をしてみましたが、結構画面がカクツク印象で、できれば60 Hzは欲しいなと思いました。

特に、PCでゲームをしたいよという方には向きませんね。

端子が必要最低限しかない

4つの端子を兼ね備えているというお話をしました。

  • USB-Cポート(PD対応88W出力)
  • USB-Aポート×2(最大5Gbps)
  • HDMIポート(4K 30Hz)

正直、USB-Cハブとしての機能とSSDストレージという機能を兼ね備えていることが素晴らしいと思うのですが、欲を言うとSDカードスロットやLANポートなどもあると尚良かったかなと。

レメディオ

他のUSB-Cハブを持っていれば、万事解決なのですけどね。

Anker PowerExpand 4-in-1 USB-C SSDハブはどんな人におすすめ?

Anker PowerExpand 4-in-1 USB-C SSDハブは、パソコンからデータを移したくて、仕事などでモニターに出力したい人におすすめです。

現在、USBハブもSSDも持っていない人やポート不足に悩んでいるMacユーザーの人にもおすすめと言えますね。

レメディオ

ただ、超大容量のSSD(例えば2 TB)が欲しいとか、SDカードやLANポートなどを含むもっと複数のポートを持ったUSB-Cハブを欲しい方はおすすめできません。

iPadと接続して使うのも一つの手だと思いました。

Anker PowerExpand 4-in-1 USB-C SSDハブ レビューまとめ

今回は、画面出力、パススルー充電、SSDストレージとしての機能などが詰まった非常に多機能で使いやすい「Anker PowerExpand 4-in-1 USB-C SSDハブ」のレビューをしました。

レメディオ

USB-Cハブ+SSDという二刀流を合わせ持つSSDハブを使って、デスク環境を整えてみるのもいいかもしれませんね。

Amazonでお得な買い方
レメディオ

塵も積もれば山となるので、少しでもお得に買い物をしましょう!

\現金チャージでお得に購入!/

Amazonでお得な買い方

  • ポイント還元率がチャージ額によって違う
  • チャージするのにクレジットカードを使うと、還元されない
  • 支払い期限が6日間
スクロールできます
1回のチャージ額通常会員プライム会員
5,000円〜19,999円0.5 %1.0 %
20,000円〜39,999円1.0 %1.5 %
40,000円〜89,999円1.5 %2.0 %
90,000円〜2.0 %2.5 %
チャージ額に対するポイント還元率
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
一番上に戻れます
目次
閉じる