iPadとMacでシームレスな連携を!ユニバーサルコントロールの使い方と対応機種について詳しく解説!

iPadとMacでシームレスな連携を!ユニバーサルコントロールの使い方と対応機種について詳しく解説!
リア

ユニバーサルコントロールの使い方、MacとiPadの対応機種は何?

レメディオ

こんな悩みを解決する記事を書きました。

この記事を書いている人
  • ilogyを運営中
  • iPadやガジェット系を中心にブログ運営
  • 現役大学院2年生
  • ホームページ制作もやっています
  • iPad歴4年目
レメディオ
レメディオです!
この記事を書いている人
  • ilogyを運営中
  • iPadやガジェット系を中心にブログ運営
  • 現役大学院2年生
  • ホームページ制作もやっています
  • iPad歴4年目

iPadとMacでシームレスな連携ができるユニバーサルコントロールがついにやってきました!

この機能によって、「MacとiPadが独立して操作」+「2つのデバイス間の連携がスムーズ」になったので、色々とやれることが多くなりそうです。

レメディオ

今回は、そんな新機能のユニバーサルコントロールの使い方と対応機種についてご紹介していきます。

ユニバーサルコントロールを使用して、ガンガン生産性を高めていきましょう!

ユニバーサルコントロールを使うには、macOS Monterey 12.3 以降を搭載した対応モデルの Mac と、iPadOS 15.4 以降を搭載した対応モデルの iPad が必要です。

目次

ユニバーサルコントロールの対応機種(iPadとMac)

まず、大前提としてユニバーサルコントロールを使うには、macOS Monterey 12.3 以降を搭載した対応モデルの Mac と、iPadOS 15.4 以降を搭載した対応モデルの iPad が必要です。

リア

実際にどのモデルのもの?

レメディオ

使用できるMacとiPadは以下の通りです。

Macシリーズ
iPadシリーズ
  • MacBook (2016 年以降に発売されたモデル)
  • MacBook Pro (2016 年以降に発売されたモデル)
  • MacBook Air (2018 年以降に発売されたモデル)
  • Mac mini (2018 年以降に発売されたモデル)
  • iMac (2017 年以降に発売されたモデル) と iMac (Retina 5K, 27-inch, Late 2015)
  • iMac Pro
  • Mac Pro (2019 年以降に発売されたモデル)
  • Mac Studio
  • iPad Pro (すべてのモデル)
  • iPad (第 6 世代) 以降
  • iPad Air (第 3 世代) 以降
  • iPad mini (第 5 世代) 以降

ここに記載されているもの以外は、ユニバーサルコントロールが使えないのでご了承ください。

ユニバーサルコントロールの使い方

ユニバーサルコントロールを使うためには、大きく分けて3つの手順があります。

ユニバーサルコントロールを使うための手順
  1. macOS Monterey 12.3 以降を搭載した対応モデルの Mac と、iPadOS 15.4 以降を搭載した対応モデルの iPadを用意する
  2. ユニバーサルコントロールを使えるように有効にする
  3. iPadとMacを接続する。
レメディオ

では、順番に見ていきましょう!

STEP
macOS Monterey 12.3 以降を搭載した対応モデルの Mac と、iPadOS 15.4 以降を搭載した対応モデルの iPadを用意する

Macではシステム環境設定>ソフトウェアアップデートからアップデートを完了してください。

iPadでは設定>一般>ソフトウェア・アップデートからアップデートを完了してください。

STEP
ユニバーサルコントロールを使えるように有効にする

Macの場合

  1. Apple メニュー  >「システム環境設定」の順に選択し、「ディスプレイ」をクリックします。
  2. 「ユニバーサルコントロール」ボタンをクリックします。
  3. 「カーソルとキーボードを近くにあるすべての Mac または iPad 間で移動することを許可」を選択します

iPadの場合

  1. 設定 App を開きます。
  2. 「一般」をタップし、「AirPlay と Handoff」をタップします。
  3. 「カーソルとキーボード」をオンにします。
STEP
iPadとMacを接続する。

ユニバーサルコントロールが使える状態になったので、各デバイスを接続できるようになりました。

  1. デバイスを互いに近付けて、いずれもスリープやロックを解除しておきます。
  2. マウスまたはトラックパッドを使って、カーソルを画面の左端または右端を通り過ぎて、iPad またはほかの Mac がある方向に移動します。
  3. カーソルを動かして画面の端を通り過ぎると、もう片方のデバイスにカーソルが現れ、その画面の中に入り込もうとし始めます。そのデバイスに接続するには、カーソルをそのまま画面の中まで押し進めてください。
レメディオ

これで、ユニバーサルコントロールが使えるようになったと思います。
次は、デバイスの配置を設定してみましょう!

システム環境設定>ディスプレイからiPadをドラッグ&ドロップで自由に場所を移動してみましょう!

ディスプレイ設定でiPadは右下
iPadは中央上部

ユニバーサルコントロールの使い方と対応機種のまとめ

iPad OS15.4とmac OS Montery 12.3でアップデートされたユニバーサルコントロールの使い方と対応機種についてご説明してきました。

まだ、ベータ版なのでデバイスの配置の際に設置できない部分があったり、挙動に少しだけラグがあったりはしますが、iPadとMacが別々のOSで動くことで、様々なことが楽になると思います。

レメディオ

iPadとMacをお持ちの方はぜひユニバーサルコントロールを試してみてください。

Amazonでお得な買い方
レメディオ

塵も積もれば山となるので、少しでもお得に買い物をしましょう!

\現金チャージでお得に購入!/

Amazonでお得な買い方

  • ポイント還元率がチャージ額によって違う
  • チャージするのにクレジットカードを使うと、還元されない
  • 支払い期限が6日間
スクロールできます
1回のチャージ額通常会員プライム会員
5,000円〜19,999円0.5 %1.0 %
20,000円〜39,999円1.0 %1.5 %
40,000円〜89,999円1.5 %2.0 %
90,000円〜2.0 %2.5 %
チャージ額に対するポイント還元率
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次