iPadの手帳アプリのPencilPlannerが革命的!デジタルとアナログ(手書き)の二刀流【タスク管理も】

iPadの手帳アプリのPencilPlannerが革命的!デジタルとアナログ(手書き)の二刀流【タスク管理も】
リア

iPadの手帳アプリいいのないかな?PencilPlannerってどんなアプリなの?

レメディオ

こんな悩みを解決する記事を書きました。

この記事を書いている人
  • ilogyを運営中
  • iPadやガジェット系を中心にブログ運営
  • 現役大学院2年生
  • ホームページ制作もやっています
  • iPad歴4年目
レメディオ
レメディオです!
この記事を書いている人
  • ilogyを運営中
  • iPadやガジェット系を中心にブログ運営
  • 現役大学院2年生
  • ホームページ制作もやっています
  • iPad歴4年目

月ごとにカレンダーを表示させて、別の場所には今日のタスクやメモを残しておきたいなと思って色々アプリを探していると、『Pencil Planner & Calendar Pro』という手帳アプリを見つけました。

レメディオ

一言で特徴を表すと、「デジタルとアナログの二刀流カレンダー+タスク管理」アプリですね。

『Pencil Planner & Calendar Pro』は、月に500円か年間で2,100円のプランを選択することで、Pro版にアップデートできます。

無料のままでもアプリ自体は使えますが、有料にしないとメモの作成数やWEEKやYEARのページが使えません。

今までは、手帳はアナログとデジタルを使い分けてきたのですが、2022年は、今回ご紹介する『Pencil Planner & Calendar Pro』という手帳アプリで過ごせそうです。

今回は、Pencil Plannerを有料プランで使ってみて良かった点、気になる点をご紹介していきます。

iPadで使える手帳アプリを探していた方はぜひ参考にしてみてください!

目次

iPadの手帳アプリ|Pencil Plannerの特徴

まず、Pencil Plannerってどんな特徴のアプリかをご紹介しますね。

Pencil Plaanerの特徴
  • 日/週/月で書いた情報が連動して表示される
  • 純正カレンダーやGoogleカレンダーと同期ができる
  • 連携したカレンダーの予定の編集や削除が可能
  • 純正のメモアプリなどで使われている手書きツールが使える
  • メモへのリンク機能がある
  • 複数端末と同期可能
レメディオ

複数の端末で同期できるので、iPhoneとiPadでカレンダーの管理ができるというのは嬉しいポイント。

日/週/日/年/ノートのタブに分かれているのですが、それぞれはこのような見た目になっています。

ノート
レメディオ

日/週/日/年/ノートのタブが直感的に変えられるようになっています。

純正のメモアプリなどで使われている手書きツールを使って、カレンダーに直接書き込むことができます。

プランナーの外観

開始時刻や終了時刻、週のスタートは何曜日にするのかの設定などももちろんあります。

このように、カレンダーとしての機能はしっかりとありながら、手書きもできるアプリです。

また、月に500円か年間で2,100円のプランを選択することで、Pro版にアップデートできます。

iPadの手帳アプリ|Pencil Plannerの良かった点

Pencil Plannerを実際に使って分かった良かった点は以下の通りです。

良かった点
  • 直接Calenderに書き込める
  • デジタルとアナログの統合がはかれる
  • DAYとWEEK間の手書き内容が反映される
  • メモやノートが無制限に追加可能
  • 感覚的に月週日ごとのカレンダーを切り替えできる
  • 日本語に対応

直接Calenderに書き込める

キーボードなどを使って、予定を入力することもできますが、直接Calenderに書き込めます。

ただ単に、Calender内に書き込めるだけではなく、タスクやノートを書く欄があるので、カレンダーとしての機能以外にも使えるのがいいところです。

デジタルとアナログの統合がはかれる

デジタルとアナログの統合がはかれるのが非常にいいです。

当然のように、デジタル的な入力もできますし、Apple Pencilのようなスタイラスペンを使用してのアナログ的な入力もできます。

DAYとWEEKとMONTH間の手書き内容が反映される

DAY(日)とWEEK(週)とMONTH(月)の内容が独立しておらず、お互いに依存しているので、手書き内容が反映されます。

どのタブを開いても、書いた予定が反映されているので、どこに書いたか忘れることもないですし、行き来する必要がなくなるのでありがたい機能です。

メモやノートが無制限に追加可能

カレンダーやタスクとして使うだけでなく、ちょっとしたメモやノートを取ることができますし、それが無制限に可能です。

追加したノートが管理されている場所
ノートを無制限に追加可能

ノートを作成する際も、手書き用のノートかデジタル用のノートかを選択することができます

感覚的に月週日ごとのカレンダーを切り替えできる

タブで管理されているので、感覚的に月、週、日ごとのカレンダーの切り替えができます。

リア

簡単に切り替えができるのは非常にありがたい!

v1とv2の切り替えは、バージョンを表しているようです。

日本語に対応

Pencil Plannerは日々アップデートされているため、今まで英語対応だけだったのが、日本語にも対応されるようになりました。

レメディオ

ただ、日本語に完全に対応しているわけではないみたいなので、不自然な日本語も散見されますね、、

リア

英語が全く分からない方でも、問題なく使える日本語にはなっていますので、安心して大丈夫です!

日々更新されているので、今後はもっともっと使いやすくなりそうです。

iPadの手帳アプリ|Pencil Plannerの気になる点

Pencil Plannerを実際に使って分かった気になる点は以下の通りです。

気になる点
  • 画像の挿入ができない
  • 日本語対応しているが、微妙な日本語も多々ある

画像の挿入ができない

画像の挿入ができないのは痛いところですね。

レメディオ

せっかくノートやメモが使えるのであれば、画像の挿入にも対応してくれると嬉しい、、

日本語対応しているが、微妙な日本語も多々ある

日本語対応しているのですが、まだまだ微妙な日本語になっているところもあります。

下の画像を見てもらうとわかるように、「期間」であるはず所が、「デュー」となってしまっていますね。

レメディオ

ただ、頻繁にアップデートが入っているので、随分改善してきました!

iPadの手帳アプリ|Pencil Plannerがおすすめな人

iPadの手帳アプリであるPencil Plannerがおすすめな人を僕なりに考えてみました。

Pencil Plannerがおすすめな人
  • デジタルとアナログの統合が取れるカレンダーアプリを探している人
  • カレンダー以外にタスク管理やメモを取りたいという人
  • iPhoneやiPadなど複数の端末で管理がしたい人
  • 純正カレンダーだけでなく、Googleカレンダーとも同期がしたい人
レメディオ

まだまだ、発展中のアプリではありますが、非常に使いやすい機能が盛りだくさんなのでこれからにも期待ですね。

iPadの手帳アプリ|Pencil Plannerのまとめ

今回は、手帳アプリのPencil Plannerについてご紹介しました。

手帳以外にもメモを取ったり、タスクを管理したりとさまざまな使い方ができるので、このアプリ一つで全てを完結できそうです。

Pencil Plaanerの特徴
  • 日/週/月で書いた情報が連動して表示される
  • 純正カレンダーやGoogleカレンダーと同期ができる
  • 連携したカレンダーの予定の編集や削除が可能
  • 純正のメモアプリなどで使われている手書きツールが使える
  • メモへのリンク機能がある
  • 複数端末と同期可能

気になる方は、ぜひ無料版から使ってみてください!

手帳アプリ以外にもiPadのおすすめアプリをご紹介しているので、こちらの記事も参考にしてみてください。

Amazonでお得な買い方
レメディオ

塵も積もれば山となるので、少しでもお得に買い物をしましょう!

\現金チャージでお得に購入!/

Amazonでお得な買い方

  • ポイント還元率がチャージ額によって違う
  • チャージするのにクレジットカードを使うと、還元されない
  • 支払い期限が6日間
スクロールできます
1回のチャージ額通常会員プライム会員
5,000円〜19,999円0.5 %1.0 %
20,000円〜39,999円1.0 %1.5 %
40,000円〜89,999円1.5 %2.0 %
90,000円〜2.0 %2.5 %
チャージ額に対するポイント還元率
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次