iPadの整備品とは何かを分かりやすく解説!【中古品との違いも】

iPadの整備品とは何かを分かりやすく解説!【中古品との違いも】
悩める人
  • iPadの整備品とは何か知りたい!
  • iPadの整備品と中古の違いを知りたい!

 

レメディオ
こんな悩みを解決する記事を書きました。

iPadを探していて、出来るだけ安く抑えたいなと思っている方必見です。

 

実は、この「iPadの認定整備済製品」の記事を読めば、品質も安心で低価格なiPadが買えるかがわかりますよ!

 

実際に、僕の友人が整備済製品を買って、新品同様で何の不具合もなく使えてお得だと言っていました。

 

この記事を読み終えると、整備品とは何かが分かり、どれを買えばいいかが分かりますよ。

目次

iPadの整備品とは?

iPadの整備品とは?

 

Apple公式サイトでは、このように説明しています。

Apple認定整備済製品はすべて、新品のApple製品と同様の機能上の基準を満たすため、全項目試験を含む厳格なプロセスで再整備を受けています。
引用元 Apple公式サイト

簡単にまとめますと、このようになります。

Apple認定整備済み製品
  • 新品と何ら変わらない機能をもつ端末
  • 新品で買うよりも最大15 %OFFで購入できる
  • Appleの1年保証が付いている

 

レメディオ
最新の現行モデルを含むAppleの製品を、普通に買うより安価な値段で購入できるのがすごいですよね。

 

iPad Air(第3世代)の場合の安さ比較(税込)

例えば、iPad Air(第3世代)の場合、通常価格が54800円のところが、認定整備済製品の場合は、46800円で売られています。

通常価格:60280円➡整備済製品:51480円

以上より、8800円も安く買えます。

最新モデルのiPad Air(第3世代)でもこの価格で買えるのですから驚きです。

<<iPad整備済製品の在庫を確認する

 

悩める人
それだけ安いということは、「どうせ性能悪いでしょ?」、「なにか仕掛けでもあるんでしょ?」

 

と思った方も多いでしょうが、安くて信頼できる製品を買えるのには理由があるので、これから説明していきますね。

iPadの整備品が新品同様な理由

iPadの整備品が新品同様な理由

 

iPadの整備品が新品同様な理由は、3つあります。

  • 徹底的なクリーニングが行われている
  • 1年間の保証が付いてくる
  • 古いデータやウイルスが存在しない

徹底的なクリーニングと点検が行われている

Appleは徹底的なクリーニングと点検を、認定整備済製品が売られる前に行っています。

 

また、バッテリーも交換されているため、劣化の心配もありません。

 

iPad整備済製品に含まれるものとして、このようにAppleの公式サイトでは述べています。

・完全な動作テスト、Apple純正パーツの交換(必要な場合)、徹底したクリーニング
・出荷時のオペレーティングシステム、またはより最新のオペレーティングシステム
・整備済製品はすべて、必要なアクセサリやケーブルとともに新品の箱に再梱包されます。                      引用元 Apple公式サイト

レメディオ
クリーニングと点検をしっかりしているなら安心して使えそうですね。

1年間の保証が付いてくる

Apple 認定整備済製品には、新品の商品と同様に、1年間の保証が付いてくるので安心です。

 

やはりiPadのように大きな買い物には、保証が付いてくると安心ですよね。他の販売店で買ってしまうと、保証が付いていなかったり、半年しかついていないということもありますので、注意が必要です。

古いデータやウイルスが存在しない

すべてのApple認定済製品のSSDやハードディスクは、完全に消去されているため、古いデータはもちろんのこと、ウイルスもいません。

 

そのため、安心して使うことが出来ます。

iPadの整備品を買う際の注意点

iPadの整備品を買う際の注意点

 

iPadの整備品を買う際の注意点が3つあります。

  • 他の販売店で買うのは安心感に欠ける
  • 在庫が少ない
  • 古い製品も売られている

他の販売店で買うのは安心感に欠ける

他の販売店だと実際に整備されているかわからないから、安心感に欠けます

 

さらに、他の販売店だと保証もついているのか分からないですし、買う際は、Appleの公式サイトで買うようにしましょう。

在庫が少ない

問題点としては、在庫が結構少ないです。

 

最新モデルなどは、かなりハイペースで売り切れることがあるので、頻繁に公式サイトを確認しないと、自分が欲しい製品がすぐに買えるわけではないということです。

 

ただ、いちいち公式サイトを見に行くのも結構大変ですよね。

 

そんなときに便利なのがこれです。

 

レメディオ
通知で知らせてほしい人は、上記のリンクから設定してみてくださいね。

古い製品も売られている

最新モデルの製品が売られている場合もありますが、一昔前に流行したものが売られています。

 

安いからと言って、全部買うべき商品ではないので気を付けましょう。
具体的に、どの商品は買わないほうがいいかを説明しますね。

おすすめしないiPadの機種

おすすめしないiPadの機種

整備済製品を買うにあたって、買わないほうがいいiPadの機種は以下の通りです。

買わないほうがいいiPadの機種
  • iPad Air(旧型)
  • 無印iPad(2017年モデル)第5世代
  • iPad mini(第4世代)

 

レメディオ
基本的に、旧型のiPadは安いですが、あまり買うのをおすすめしません。

iPad Air(旧型)

iPad Airは第3世代が一番新しいのでそれ以前のものは買わないほうがいいでしょう。第2世代のものだと、2014年に発売されていて、スペックの変化がかなりみられます。

 

買うなら、2019年モデルのiPad Air(第3世代)です。

また、第4世代も2020年10月に出るので、それを待っても良いでしょう。

無印iPad(2017年モデル)第5世代

これは、Apple Pencilに非対応なところがかなり残念です。第6世代、第7世代(最新モデル)は対応しているので、買うならこれらの商品ですね。

 

第8世代が2020年9月に発売されたので、新しいものを買うのもいいと思います。

<<【2020年秋モデル】iPad(第8世代)のスペックや向いている人を徹底解説!

iPad mini(第4世代)

こちらも、Apple Pencilに非対応なところがかなり残念です。買うなら、最新モデルのiPad mini(第5世代)です。

新しいiPadが欲しいけど、整備品にない場合

新しいiPadが欲しいけど、整備品にない場合

新しいiPadが欲しいけど、整備品にない場合は、正直新品を買うしかないです。

 

悩める人
できるだけ安く買いたい場合はどうすればいいの?

 

ズバリ、「みんなの優待」というクーポンを使うと割引になるので、iPadを安く買うことができます。

 

<<みんなの優待を見てみる

iPadの整備品と中古の違いとは

iPadの整備品と中古の違いとは

 

最後に、iPadの整備品と中古製品との違いをまとめてみました。

中古製品
  • 保証が1年未満、もしくは付いていない
  • 擦り傷や画面にひびが入っている
  • バッテリーが交換されていないため、使った年数によって、バッテリーの持ちが悪い
  • はずれを引く可能性がある
  • 本体のみで必要なアクセサリやケーブルが同梱されていない場合がある
Apple認定整備済み製品
  • 保証が1年付いてくる
  • 徹底したクリーニングを行っているため、擦り傷や画面にひびが入っていることはない
  • バッテリーが交換されているため、安心
  • はずれを引く可能性が低い
  • すべてに、必要なアクセサリやケーブルが新品の箱に再梱包される

 

このように、価格が15%ほど安いにもかかわらず、安心の製品が買えるというのがいいところですよね。知らなかった人はぜひ活用してみてくださいね。

<<iPad整備済製品の在庫を確認する

Amazonでお得な買い方

塵も積もれば山となるから少しでもお得に買い物をしましょう!

\現金チャージでお得に購入!/

Amazonでお得な買い方

  • ポイント還元率がチャージ額によって違う
  • チャージするのにクレジットカードを使うと、還元されない
  • 支払い期限が6日間
スクロールできます
1回のチャージ額通常会員プライム会員
5,000円〜19,999円0.5 %1.0 %
20,000円〜39,999円1.0 %1.5 %
40,000円〜89,999円1.5 %2.0 %
90,000円〜2.0 %2.5 %
チャージ額に対するポイント還元率
よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる