iPadを外で使う方法3選!快適にネットワーク接続しよう!

iPadを外で使う方法3選!快適にネットワーク接続しよう!
悩める人
  • iPadを外で使う方法を知りたい
  • iPadを外で使うならセルラーモデルじゃなきゃダメなの?

 

レメディオ
こんな悩みを解決する記事を書きました。

 

出張先や勉強でiPadを外で使うことも多いのではないでしょうか。

 

僕も外でネットに接続して大学の勉強をしようとしたときに、iPadを外で使う方法について調べた記憶があります。

 

そこで、この記事では、iPadを外で使う方法とどんな人にはどのiPadのモデルが向いているのかを詳しく説明しています。

目次

iPadを外で使う方法

iPadを外で使う方法

iPadのどのモデルを使っているかによって、使う方法が変わってきます。

iPadを外で使うには3つの方法があります。

iPadを外で使う方法
  • セルラーモデルを利用
  • Wi-Fiモデルを利用
  • Wi-Fiスポット

 

レメディオ
順番に見ていきましょう。

iPadを外で使う方法:セルラーモデルを利用

iPadを外で使う方法:セルラーモデルを利用

セルラーモデルとは、iPad単体で通信ができるものです。

レメディオ
スマホと同じで外でも通信を繋ぐことができると思ったらいいですよ!

 

セルラーモデルで外での通信を可能にするためには、大手キャリアや格安SIMなどを利用する必要があります。

 

SIMが使えるセルラーモデルのiPadを運用するにあたって、契約する方法が3パターンあります。

  • 大手キャリアのシェアプラン
  • 大手キャリアで単体契約
  • SIMフリー版+格安SIM

 

初期費用を抑えたいという場合は、大手キャリアが提供するシェアプランがおすすめです。

 

契約しているスマホとデータ容量を分け合うことができ、このプランを利用することでiPad端末代金が毎月割引になり、ほとんど端末代金がかからないことになります。

 

レメディオ
3年間の累計コストはかなり安くなるのでおすすめですよ。

 

ただ、3年目以降の運用コストがガクッと下がるのがSIM版+格安SIMのプラン。

 

運用初期段階では、iPad本体の代金がかかってくるため、月々の利用料がシェアプランよりも高いのですが、本体料金を払い終えると、月々の基本使用料がかなり抑えられます。

 

例えば、こんな感じのプランがあります。

通信事業者 UQモバイル 楽天モバイル
データ容量 3 GB 3.1 GB
割引プラン データ高速プラン 3.1GBプラン
月額合計 3,497円 3,410円
3年累計 96,873円 93,720円

※iPad 32GBで換算したものです。

 

レメディオ
スマホを大手キャリアで契約している方はデータシェアプランを利用しましょう!

iPadを外で使う方法:Wi-Fiモデルを利用

iPadを外で使う方法:Wi-Fiモデルを利用

2つ目の方法として、iPadのWi-Fiモデルを利用することです。

 

Wi-Fiモデルは、セルラーモデルと違って、iPad単体ではネットでの通信が出来ないので、別途他の機器やスマホの機能などを用いる必要があります。

  • モバイルルーターを使用
  • テザリングを使用

 

レメディオ
これらを使用することで、快適に外での通信が可能になりますよ!

モバイルルーターを使用

モバイルルーターを持っていれば、Wi-FiモデルのiPadであっても、外出先でネットに接続することができます。

 

さらに、iPadだけではなくスマホやパソコンなどの他の機器とも同時に接続することができるので非常に便利です。

 

レメディオ
Wi-Fiモデル+モバイルルーターの組み合わせもいろいろな端末を使う方にとっては、かなりお得かもしれませんね。

<<iPadと一緒に使いたいおすすめのモバイルルーターを3つだけ厳選!【選び方あり】

テザリングを使用

iPad以外でスマホを持っている場合は、テザリング(ネットワーク共有)を使うことで、ネットに接続することができます

 

この方法に関しては、スマホのテザリングのサービスを利用する必要があるのですが、キャリアによっては通信料金が別途かかるので注意が必要です。

docomo テザリング可能
au/Softbank テザリングオプション(月々500円)
格安SIM ドコモ系はそのまま可能

au/Softbank系は出来ない可能性あり

レメディオ

キャリアのデータ容量が大きい人は、かかっても月に500円なので、テザリングが一番コスパがいいですよ!

iPadを外で使う方法:Wi-Fiスポット

iPadを外で使う方法:Wi-Fiスポット

カフェなどにあるWi-Fiスポットを利用するという手もあります。

 

レメディオ
しかし、Wi-Fiスポットのインターネット回線はたくさんの人が使用するので、かなり悪いことが多いです。

 

また、Wi-Fiスポットはどのお店にもあるわけではないので、その都度Wi-Fiスポットがあるかを確認して接続しないといけないので、時間と手間がかかります

 

そのため、iPadを外で頻繁に使う人は、Wi-Fiスポットに頼るのではなくテザリングモバイルルーターを使用するのがベストでしょう。

iPadを外で使う方法のまとめ

iPadを外で使う方法のまとめ

今回は、iPadを外で使う方法をご紹介しました。

もう一度おさらいしておきましょう!

iPadを外で使う方法
  • セルラーモデルを利用
    • 大手キャリアのシェアプラン
    • 大手キャリアで単体契約
    • SIMフリー版+格安SIM
  • Wi-Fiモデルを利用
    • モバイルルーターを使用
    • テザリングを使用
  • Wi-Fiスポット

 

iPadのモデルによって、外で使う方法が変わってくるのが分かっていただけたと思います。

 

iPadのWi-FiモデルとCellularモデルの違いは、通信方法だけではありません。

 

どんな違いがあるのかやどっちがおすすめなのかはこちらの記事を参考にしてみてくださいね。

<<【最新版】iPadのWi-Fiモデル・セルラーモデルの違いとおすすめのモデルを教えます!

Amazonでお得な買い方

塵も積もれば山となるから少しでもお得に買い物をしましょう!

\現金チャージでお得に購入!/

Amazonでお得な買い方

  • ポイント還元率がチャージ額によって違う
  • チャージするのにクレジットカードを使うと、還元されない
  • 支払い期限が6日間
1回のチャージ額通常会員プライム会員
5,000円〜19,999円0.5 %1.0 %
20,000円〜39,999円1.0 %1.5 %
40,000円〜89,999円1.5 %2.0 %
90,000円〜2.0 %2.5 %
チャージ額に対するポイント還元率
よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる